1口(1社3名まで受講可能)でのお申込は、

 受講料  が格安となります。


☆☆☆Web配信セミナー☆☆☆

シリアルATA(SATA)インタフェース技術とその応用製品』




 S210426AW



 ☆☆☆本セミナーは、Zoomを使用して、行います。☆☆☆

  

 開催日時:2021年7月14日(水)10:00-17:00

受 講 料:1人様受講の場合 51,700円[税込]/1名
     1口でお申込の場合 62,700円[税込]/1口(3名まで受講可能)


新宣伝セミナー日程表


Web配信(Zoom)セミナー日程表

 講 師

 新屋敷典夫(しんやしきのりお) 氏
    合同会社テック・アンド・ドック(Tech and Doc,LLC) … Serial ATA規格会員 / 「ATA/ATAPIインタフェース技術」執筆者 / 元 ウエスタンデジタルジャパン エンジニア

 セミナーの概要

 

<趣旨/背景>

 ・シリアルATA(SATA)インタフェースデバイス、HDDあるいはSSDが世の中にリリースされ20年余年が過ぎ、同製品も一般化しパーソナルコンピュータにのみならずITを含め、家電における録画用にも広く利用されるようになりました。
 ・当講座では、シリアルATA(SATA)インタフェース規格およびこれら応用製品について説明するとともに機器の選定また、製品使用時における障害発生時の(可能性のある)原因について説明します。

<受講対象者>

 当セミナーは、シリアルATA(SATA)インタフェース技術とその応用製品に関心をお持ちの方を対象としています。

 ・SATAインタフェース・ストレージ製品を取り扱う方
  - SATA インタフェースの成り立ち、動作を知りたい
  - SATA インタフェース規格について知りたい
  - ベンダーおよび製品導入に対する選定方法の手がかりを得た
  - HDD,SSDそれぞれの特長、取り扱い上の注意項目について知りたい
 ・SATAインタフェース・ストレージ製品を自社導入して運用している方

  - 改めてSATAインタフェースの基礎について知りたい
  - 同製品のベンダーから送られてきた製品に関する文書についてより理解を深めるきっかけとしたい
  - 障害発生時における(可能性のある)原因について知りたい

 

 講義項目


 1 SATAインタフェース応用機器(システム)における使用例
  *PC(パーソナルコンピュータ)
  *ビデオレコーダー
  *サーバー機器

 
2 SATAインタフェースデバイス製品
  *SATAインタフェースデバイスの紹介
   ・HDD(構造と内部動作)
   ・SSD(2.5inch,mSATA ,M.2) (使用記録媒体および構造と内部動作)
   ・Cfast
   ・その他:M.2 PCIe

 
3 ATAインタフェース規格概略
  *IBM PC-AT(ATA規格以前)
  *IDE機器(HDD)とATA規格
   ・成り立ちと基本情報
   ・ATAコマンドプロトコル
  *SATAインタフェース規格
   ・SATA-IO規格、規格団体紹介
   ・SATAインタフェースのあらまし
   ・リンクレイヤー
   ・Phyレイヤー ・トランスポートレイヤー
   ・アプリケーションレイヤー
  *ACS(ATA Command Set)
   ・映像系の機能セット(Streaming feature set)
   ・セキュリティ機能セット(Security feature set)

 
4 半導体記憶媒体(NAND Flash Memory)について
  *NAND Flash Memoryの性質、特徴(NANDメモリーの基本構造と動作)
   ・NAMD Flash Memoryの構造および動作
  *SSD製品寿命の算出方法
  *SSDにおける内部処理

 
5 実アプリへの応用、展開~デバイス選択
  *個々の特徴によるシステムに合せたユーザアプリにおけるSATAインタフェース機器選定のための検討項目
   ・環境、使用条件、適合試験 etc
  *障害発生に関して
   ・障害(不具合)モード
   ・可能性のある障害の原因について


 
6 補足
  *ユーザー機能検証試験に関する考察




 お1人様      受講申込要領 1口(1社3名まで) 受講申込要領 セミナー 総合日程 
新宣伝 セミナー日程