1口(1社3名まで受講可能)でのお申込は、

 受講料  が格安となります。





  
MIMOアンテナ&周辺回路の設計と評価




 S171122K

 

開催日時:2018年2月8日(木) 10:30-16:30

会  場:オームビル(東京都千代田区神田錦町3‐1)
          【地下鉄】
             東西線『竹橋駅』徒歩3分
             三田線・新宿線・半蔵門線『神保町駅』徒歩7分
             新宿線・千代田線『小川町駅』徒歩7分
             丸ノ内線『淡路町駅』徒歩8分
          【JR】
             中央線・山手線・京浜東北線『神田駅』徒歩12分
             中央線・総武線『御茶ノ水駅』徒歩11分
             
             


受 講 料:1人様受講の場合 46,000円[税別]/1名

     1口でお申込の場合 57,000円[税別]/1口(3名まで受講可能)

 


 

 講 師


 鹿子嶋 憲一 氏

     茨城大学   名誉教授

 講義項目

 1. はじめに
   1.1 MIMOアンテナとはどんなアンテナ
   1.2 MIMOアンテナと通常アンテナとの違い

 2. MIMOの原理概説
   2.1 MIMOの歴史
   2.2 基本原理
   2.3 マルチビームアンテナと信号処理
   2.4 情報伝送路の通信容量(Shannonの定理)
   2.5 MIMOの通信容量
   2.6 通信容量と伝搬特性、アンテナ特性の係り

 3. MIMOアンテナの基本構成と具体例
   3.1 MIMOアンテナの基本構成
   3.2 MIMOアンテナとダイバーシティの比較
   3.3 MIMOアンテナとアダプティブアンテナとの比較
   3.4 MIMOアンテナの分類と具体例
   3.5 デカップリング回路を用いたMIMOアンテナ
   3.6 結合抑圧素子を配置したMIMOアンテナ
   3.7 Neutralization Lineを用いた MIMOアンテナ
   3.8 アンテナ基板にスリットを設けたMIMOアンテナ
   3.9 アンテナ配置法によりカップリングを低減したMIMOアンテナ

 4. MIMOアンテナの特性評価
   4.1 MIMOアンテナの必要条件
   4.2 アンテナ特性と通信容量の関係
   4.3 相関係数
   4.4 端子放射効率
   4.5 MIMOアンテナ総放射効率

 5. マルチビームアンテナのデカップリング/マッチング回路の理論
   5.1 マルチビームアレーアンテナの等価回路
   5.2 1素子の時のマッチング回路設計
   5.3 N素子の時のマッチング回路設計
   5.4 マッチングとデカップリングの関係
   5.5 マッチングと放射ビーム直交性関係

 6. マルチビームアンテナのデカップリング/マッチング回路の特性解析
   6.1 マッチング/デカップリング回路の素子値設計結果
   6.2 マルチビームポート指向性と利得
   6.3 マルチビームポート放射効率
   6.4 マルチビームポート間の相関係数
   6.5 回路の試作と測定結果
   6.6 総放射効率

 7.まとめ




 

 

 お1人様      受講申込要領  1口(1社3名まで) 受講申込要領   セミナー 総合日程