WS No.246

〜CMM/CMMI推進のための〜

セルフアセスメント手法の導入と実践

刊行日:2006年1月24
体 裁:B5判、160頁 
価 格:49,800円(税別)

 

執筆者

森田 祥男 ソニー株式会社 パーソナルソリューションビジネスグループ PSBGネットワークサービスセンター
      事業推進部門 ビジネスソリューション部 SSA課 
統括部長

第1章 CMM/CMMIの概要
 1.CMMの成り立ち
 2.CMMが組織にもたらす効果
  2.1 成熟度レベル1
  2.2 成熟度レベル2
  2.3 成熟度レベル3
  2.4 成熟度レベル4
  2.5 成熟度レベル5
 3.ソフトウェアCMMからCMMIへ
 4.CMMとISO9000 その1(ISO9000の問題点)
 5.CMMとISO9000 その2(ISO9000との違い)
 6.CMMは認証制度ではない
第2章  SW-CMM/CMMIの構造
 1.SW-CMMの成熟度レベル
  1.1 成熟度レベル1 初期(Initial)組織の状態
  1.2 成熟度レベル2 反復できる(Repeatable)組織の状態
  1.3 成熟度レベル3 定義された(Defined)組織の状態
  1.4 成熟度レベル4 管理された(Managed)組織の状態
  1.5 成熟度レベル5 最適化する(Optimizing)組織の状態
 2.SW-CMMの構造
 3.CMMIの種類
 4.CMMI段階表現における成熟度レベル
 5.CMMI段階表現の構造
 6.CMMI連続表現の構造
 7.CMMIプロセスエリアの分類
 8.ゴールとプラクティスの数
第3章  プロセスとプロセス改善
 1.プロセス改善の苦しみ
 2.プロセスとは
 3.プロセス改善とは
 4.プロセス改善とバラツキの制御
 5.プロセスの文書化の功罪
 6.プロセスの文書化とプロセス改善
第4章 プロセス改善の効果的な進め方
 1.プロセス改善のステップ
 2.IDEALモデル
 3.経営層のコミットメント
 4.プロセス改善推進組織の設定
 5.プロセス監査機能の設置
 6.キックオフ
 7.組織方針
第5章 セルフアセスメント
 1.セルフアセスメントとは
 2.セルフアセスメント研修
 3.セルフアセスメントの運用
第6章 共通ゴールの本質
 1.CMMIの本質の説明にあたって
 2.段階表現における共通ゴールの種類
 3.GP2.1 組織方針を確立する
 4.GP2.2 プロセスを計画する
 5.GP2.3 資源を提供する
 6.GP2.4 責任を割り当てる
 7.GP2.5 人員をトレーニングする
 8.GP2.6 構成を管理する
 9.GP2.7 直接の利害関係者を特定し関与させる
 10.GP2.8 プロセスを監視し制御する
 11.GP2.9 忠実さを客観的に評価する
 12.GP2.10 上位レベルの管理層とともに状況をレビューする
第7章 要件管理の本質
 1.「要件管理」プロセスエリアの目的
 2.「要件管理」導入説明
 3.「要件管理」固有ゴールと固有プラクティス
 4.「要件管理」SP1.1〜SP1.5
第8章 プロジェクト計画策定の本質
 1.「プロジェクト計画策定」プロセスエリアの目的
 2.「プロジェクト計画策定」導入説明
 3.「プロジェクト計画策定」固有ゴールと固有プラクティス
 4.「プロジェクト計画策定」SP1.1〜SP3.3
第9章 プロジェクトの監視と制御の本質
 1.「プロジェクトの監視と制御」プロセスエリアの目的
 2.「プロジェクトの監視と制御」導入説明
 3.「プロジェクトの監視と制御」固有ゴールと固有プラクティス
 4.「プロジェクトの監視と制御」SP1.1〜SP2.3
第10章 供給者合意管理の本質
 1.「供給者合意管理」プロセスエリアの目的
 2.「供給者合意管理」導入説明
 3.「供給者合意管理」固有ゴールと固有プラクティス
 4.「供給者合意管理」SP1.1〜SP2.4
第11章 測定と分析の本質
 1.「測定と分析」プロセスエリアの目的
 2.「測定と分析」導入説明
 3.「測定と分析」固有ゴールと固有プラクティス
 4.「測定と分析」SP1.1〜SP2.4
第12章 プロセスと成果物の品質保証の本質
 1.「プロセスと成果物の品質保証」プロセスエリアの目的
 2.「プロセスと成果物の品質保証」導入説明
 3.「プロセスと成果物の品質保証」固有ゴールと固有プラクティス
 4.「プロセスと成果物の品質保証」SP1.1〜SP2.2
第13章 構成管理の本質
 1.「構成管理」プロセスエリアの目的
 2.「構成管理」導入説明
 3.「構成管理」固有ゴールと固有プラクティス
 4.「構成管理」SP1.1〜SP3.2
まとめ
参考文献

  購入要領    試読要領    一覧表へ