JMS0220

 

EVにおけるPCUシステムと
パワーエレクトロニクス技術の
最新動向



EVにおけるPCUシステムおよびパワーエレクトロニクス技術の最新動向について、詳細に解説して頂く
ことによって、関連業界の方々の今後の事業に役立てていただくことを目的とします。


------------------------------ 

開催日時:2018年2月20日(火)9:55~16:10

会  場:東京都中央区内/近辺 【決定次第お知らせします

受 講 料:1名様 49,800円(税別、テキスト及び昼食を含む)
定    員 : 50名 

 


主    催 : 株式会社ジャパンマーケティングサーベイ

 

 

※請求書、受講票等は、ジャパンマーケティングサーベイより送付いたします。

 □申し込み方法 
   このページの「受講申込要領」から、お申込ください。また、所定事項をご記入の上、メール、またはFAXで
   お送りいただいてもけっこうです。申し込み書受領後、請求書及び受講証/会場地図を郵送致します。 
 □お支払い 
   請求書に記載されている指定口座に、セミナー開催日までのお振込みをお願い申し上げます。
 □キャンセル 
   開催日の11日前まで:無料にてキャンセルする事が出来ます。
   開催日より10日以内:全額申し受けさせていただく事になりますので、代理出席をお勧めいたします。代理出
   席もご無理な場合はテキストを後日郵送いたします。
 □特記事項 
   講演会は受講者数が規定に達しない場合中止する場合があります。尚、請求書は開催が決定した場合のみ送付
   いたします。会場内では写真撮影、録音、録画を禁止いたします。


講演内容/講師


10:00~13:40 (昼食・12:00~12:40)
EVシステム技術の現状と将来展望
 早稲田大学 環境総合研究センター 客員教授 廣田 寿男 氏

  1. EV開発の現状
   1.1. EV市場導入の現状および各国政府の動向
   1.2. EV技術開発の現状
   1.3. PHV、FCV技術開発の現状
  2. パワーエレクトロニクス技術の概要
   2.1. EVパワートレーンシステム
   2.2. モータおよびインバータ技術
   2.3. その他の技術:バッテリマネジメント、充電技術など
  3. 将来展望
   3.1. EVシステム技術の最近動向
   3.2. インバータ、パワー素子に対する要求
   3.3. 将来EVシステム技術


13:40~15:10
EV/PHEVインバータ向け低損失両面冷却型SiCパワーモジュール技術
 株式会社日立製作所 研究開発グループ パワーエレクトロシステム研究部 部長 中津 欣也 氏

  1. EV/PHEVインバータ向けパワーモジュールの概要
  2. 自動車用インバータの開発動向
  3. 低損失制御技術
  4. 低損失パワーモジュール技術
  5. まとめ


15:10~16:10
HEV/EV向けパワー半導体の現状と開発動向
 インフィニオンテクノロジーズジャパン株式会社 オートモーティブ事業本部 
 パワートレイン&エレクトリックヴィークルセグメント アプリケーションエンジニア 川田 健二 氏

  1. CO2削減と規制について
  2. 電動化トレンド
  3. インフィニオンのパワー半導体について
  4. SiCのポテンシャル
  5. まとめ



 申込要領  セミナー 総合日程