R180357

次世代自動車における
自動運転の最新動向
  

~課題・車両制御システムの研究開発・実証実験・今後の展望など~

----------------


開催日時:2018年3月26日(月)10:30~16:30

  江東区産業会館 第2会議室【東京都江東区東陽4-5-18】
                 東京メトロ東西線「東陽町」駅下車 4番出口右隣り

受講料(非会員):49,980円(税込、昼食・資料付)
   (会 員):47,250円 (税込、昼食・資料付)

              〇会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
                  ★1名様申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
                  ★2名様同時申込の場合、2人目無料(2名で49,980円)になります。


定    員 : 30名 ※満席になりましたら、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください。

主    催 : 株式会社R&D支援センター

※請求書、受講票等は、R&D支援センターより送付いたします。

 

 

講師

 小木津 武樹  氏     群馬大学 大学院理工学府 知能機械創製部門 准教授
                   / 群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センター 副センター長              
 



  講義項目
                
【趣旨】
                   10年以上自動運転の研究開発に携わってきたアカデミア研究者が、自身の知見を軸とした独立的な立場で、自動運転の
                 研究事例に基づき、自動運転が持つ可能性について解説しながら、当該分野を取り巻く現状と課題、今後の技術的方向性に
                 ついて論じる。

              <習得できる知識>
                  様々なプレイヤー(自動車会社・IT企業・大学)が進める自動運転の戦略の違いはどこにあるか。自動運転とはこれまでどの
                 ような開発が行われてきたか。現状抱えている課題は何か。群馬大学が進める完全自動運転を実現するアプローチとはどのよう
                 なものか。自動運転に対応する技術やサービスを開発するにはどうすればよいか。といった知識が得られる。

1.完全自動運転とは

 1-1. 完全自動運転は携帯電話のような産業構造の変革をもたらす
 1-2 .完全自動運転は「移動」と「空間」を分離
 1-3. 自動運転自動車研究開発に関する方向性まとめ
 1-4. 群馬大学の完全自律自動運転の普及アプローチ

2.研究紹介
 2-1. 2005年頃開発した自動運転システム
 2-2. 完全自律型自動運転のプラットフォーム研究
 2-3. 世界初一般市民による完全自動運転運用実験

3.群馬大学における完全自動運転への取り組み
 3-1. 他業種の完全自律型自動運転対応化
 3-2. 社会実装用自動車車両を整備
 3-3. 完全自動運転総合研究開発施設を設置
 3-4. 次世代モビリティ社会実装研究センター新規設置

4.自動運転公道実証実験について
 4-1. 現在推進する自動運転公道実証実験について(桐生市)
 4-2. 次世代モビリティ社会実装研究センターロードマップ
 4-3. 最新の取り組み1(神戸市)
 4-4. 最新の取り組み2(前橋市)


 受講申込要領  セミナー 総合日程