CMC0824


次世代モビリティ研究の
最新動向と今後の展望

 

 開催日時:2018年8月24日(金)13:30~16:30  

会  場ちよだプラットフォームスクウェア(東京都千代田区神田錦町3‐21)
                    【地下鉄】
                       東西線『竹橋駅』徒歩2分
                       三田線・新宿線・半蔵門線『神保町駅』徒歩7分
                       三田線・千代田線・半蔵門線・丸の内線『大手町駅』徒歩8分
                       新宿線・千代田線『小川町駅』徒歩8分
                    【JR】
                       中央線・山手線・京浜東北線『神田駅』徒歩12分
                       中央線・総武線『御茶ノ水駅』徒歩12分

受 講 料:1名につき48,000円(税込)※ 資料代含



主    催 : 株式会社シーエムシー・リサーチ

※請求書、受講票等は、シーエムシー・リサーチ社より送付いたします。


 
     講師 : 中野 公彦 氏   東京大学 生産技術研究所
                         次世代モビリティ研究センター 准教授 
 

          【趣旨】
             自動運転などにより、今まで自動車とはあまり関連のなかった情報、通信、データサイエンスの分野の技術
            が、自動車の進化に大きな影響を与えるようになりました。自動車産業は市場規模が大きいだけに、この変
            革は様々分野にも波及することが予想されています。これらの次世代のモビリティに期待される技術の紹介を
            行うとともに、社会受容性、ビジネスなどへの影響についても触れ、将来の展望について講演を行います。


                   【セミナーで得られる知識】
                      自動運転技術の基礎と,それに関する社会受容性,法制度,ビジネスの展開の概要


    1.自動運転技術
     1.1 自動運転とは
     1.2 自動運転の基本技術
     1.3 実用化された自動運転技術

    
2.ラストマイル自動走行
     2.1 ラストマイル自動走行とは
     2.2 自動走行バスの基本技術
     2.3 実証実験
     2.4 ラストマイル自動走行の今後

    
3.トラックの隊列走行
     3.1 隊列走行とは
     3.2 隊列走行の基本技術
     3.3 隊列走行の今後

    
4.課題と展開
     4.1 技術的課題
     4.2 社会受容性
     4.3 ビジネスの展開
     4.4 超えるべき課題と今後の展望



 お1人様      受講申込要領    セミナー 総合日程