A180122st 


<現場で使える車両制御技術へ>自動車の
自動運転・自律走行の
車両運動制御技術の基礎

~車両運動力学の基礎、先行車追従制御、車線維持支援、障害物回避制御システム~
~潜在リスク予測型運転支援システムの設計手法~

 

★ 高度運転支援システムの制御系設計に必要な理論の全般を学んでいただきます。

★ 各制御系の働きとメカニズム、設計指針の物理的な意味を理解していただきます。

-------------------------------------- 

開催日時:2018年1月22日(月)  13:00~16:30

会  場きゅりあん 4F 第2特別講習室【東京都品川区東大井5-18-1】
                       JR京浜東北線「大井町駅」より徒歩1分
                       
東急大井町線「大井町駅」より徒歩3分
                       
んかい線「大井町駅」より徒歩3分

受 講 料:1名につき43,200円(本体40,000円+税3,200円)、資料付

     会員登録していただけた場合は、41,040円(本体38,000円+税3,040円、資料付)
      といたします。

      
また、現在、創立記念キャンペーン期間中の特典として2名同時申込みで1名分無料
      (2名とも会員登録必須、1名あたり定価半額の21,600円)でご受講いただけます。

     
会員登録とは :セミナー・書籍などの最新情報を主催者からE-MailやDMにてご案内い
              たします。
              会員の方は会員価格(定価の約5%割引)にてご利用いただけるなどの
              特典がございます。お申込み時に「会員登録希望」とお書き添え下さ
              い。主催者より会員登録完了の連絡を差し上げます。(既に会員であ
              る方は自動的に会員価格となります)



主    催 : サイエンス&テクノロジー株式会社

※請求書、受講票等は、サイエンス&テクノロジーより送付いたします。

 

【講師】 

   ポンサトーン ラクシンチャラーンサク  氏 
                               東京農工大学 工学部 機械システム工学科 准教授

         [経歴・活動]
           2005年 3月 東京農工大学大学院 博士(工学)学位取得
           2004年10月 東京農工大学大学院特任助手
           2005年 6月 東京農工大学大学院助手
           2006年10月 東京農工大学大学院特任助教授(テニュア・トラック)、2007年4月 特任准教授
           2011年 4月 東京農工大学大学院准教授 現在に至る。

           自動車技術会、日本機械学会、計測自動制御学会会員。

         [趣旨]
           本講演では、自動運転・運転支援システムの制御系設計に必要な車両運動力学の基礎知識から、
          制御理論を適用した先行車追従制御、車線維持支援、障害物回避制御システムの設計理論まで幅
          広く概説します。
           また、今後の高度運転支援技術の発展として、潜在リスク予測型運転支援システムの設計手法に
          ついて紹介します。

         [得られる知識・技術]
           本講演を受講していただくことで、高度運転支援システムの制御系設計に必要な理論の概要全般
          について理解していただくことが可能です。また、制御理論、自動車の運動力学の基礎知識を通じて、
          各制御系の働きとメカニズム、設計指針の物理的な意味を理解していただくことで、現場に使える車
          両制御技術が身に付きます。


1.車両運動力学の基礎
 1.1 前後運動の方程式
 1.2 平面運動の方程式(絶対座標、移動座標)

2.制御理論の基礎
 2.1 古典制御
 2.2 現代制御

3.先行車追従制御(Adaptive Cruise Control)の設計
 3.1 速度制御の構造と理論解析
 3.2 車間距離制御の構造
 3.3 車群走行制御(Platooning)と車群安定性(String Stability)
 3.4 協調型ACC (Cooperative ACC)の設計

4.車線維持制御(Lane Keeping Control)の設計
 4.1 車線追従制御系の設計
 4.2 曲線路追従制御系の設計
 4.3 市街地における経路自動生成と制御

5.障害物回避の運動制御
 5.1 緊急回避自動ブレーキと自動操舵制御
 5.2 ポテンシャルフィールド理論
 5.3 潜在リスク予測型障害物回避制御

□質疑応答□


 お1人様      受講申込要領    セミナー 総合日程