[ 総目次 The Index ]


『曲腰徒歩新聞』創刊の辞

 『徒歩新聞』をインターネットに復活させようと思いついた。
 ホームページは、訪れる人と時間を共有するところがある。  その時間の共有とは、変化にある。
 日々とまで行かなくても、とにかく変化しなくては面白くない。
 何でもかまわないから、わたしが出会ったことを書き込んで変化を示そう。
 『徒歩新聞』は、個人が出会った物事や人物を書き記した極小メディアだった。今、わたしは腰が曲がりかけていきた。そこで、『曲腰徒歩新聞』の創刊となった。
 腰が曲がっても、キーボードは叩ける。
 腰が曲がっても、生きている。          鈴木志郎康











|HOME|
[曲腰徒歩新聞] [極点思考] [いろいろなリンク Links] [詩作品 Poems](partially English) [写真 Photos] [フィルム作品 Films](partially English) [エッセイ] [My way of thinking](English) [急性A型肝炎罹病記] [変更歴] [経歴・作品一覧]






(このサイトの著作権は鈴木志郎康に帰属します。無断転載は禁じます。)