- Windows用のOpenGLのCGプログラムがダウンロードできます。
openglArch(573k)

openglArch.zipファイルを解凍した後、

opengl32.dill
glut32.dill

の両方をCドライブの「WINDOWS」フォルダーの中の「SYSTEM」フォルダーに移動してください。

c:\windows\system\opengl32.dill
c:\windows\system\glut32.dill

それから「50rectRotating.exe」「teapot_anime2.exe」などのCGプログラムをクリックすれば実行できます。それぞれ、ウインドウ内の図形をマウスの左ボタンでクリックすれば回り始め、右ボタンでクリックすると止まります。終了は、ウインドウ右上の閉じるボタン「X」を押してください。
追加プログラム・その1(2001-7-10)
color_change2(181k)

(実行するためには、上記「opengl32.dill」「glut32.dill」が必要です。)

追加プログラム・その2(2001-7-31)
triangle_cone(177k)

このプログラムは、起動した後、矢印キーで十六角錐を回転させたり、横に倒したりすることが出来ます。
また、マウスの右ボタンで、アウトラインを見ることも出来ます。

このプログラムは、Richard S. Wright, Jr and Michael Sweet著「OpenGL SuperBible, Second Edition」(Waite Group Press)所載のサンプルプログラム「Code for the Triangle」を打ち直してコンパイルしたものです。

(実行するためには、上記「opengl32.dill」「glut32.dill」が必要です。)

かなり前にアッセンブリ語で作ったMSDOS用のプログラム


(尚、これらのプログラムで起こるトラブルには一切責任を取りません。)
--------------------------------------------------------------------------------