11.11  

ますび工房見学4・アイコンのできるまで

今回は、当HPで使っている「アイコン」の作り方を説明します。人物を何人も作りたい場合、
「元絵」を一個作っておいて、それを下敷きにして描くと、すんごい手軽にできます。
アイコン専用ソフト............別に専用じゃないのか? なんか、ドット一個一個にマス目が
入ってるのもありますが、Photoshopなどのお絵描きソフトでも、でんでんおっけーです。

(Photoshop4.0J使用)


まずは手慣らし編!!

1.線を描いてみる *解像度72dpi........見やすいように、左下は4倍に拡大
してあります。右下は原寸のもの。以下同じね。

 テキトーな大きさの新規ファイルを作り、鉛筆ツールの一番細いので曲線を描いてみます。
 余談ですが、わたしは鉛筆の持ち方がヘンなもんで、タブレットだとカチカチがちょうど指先に来ないため、全部マウスで描いてます。最初が98だったんで、MACにしてからしばらくの間は、人さし指と中指が不必要にうごめいたものですが、もー慣れました。

原寸  

1.修正  

 線が太く見えたり細く見えたりするトコがあるので、全体に細く見えるように直します。
 ドット一個刻みで増やし目減らし目していくと、カクカクせずになだらかに見えます。

原寸  

3.マルを描いてみる  

 今度は選択ツールで「マル」をひとつ描いてみます。これは、選択した内側を、ただぐるっとなぞってみたもの。

原寸  

4.修正  

 マルの左右のラインがカクカクしてて気に入らないので、選択範囲を解除してから、手作業で直します。ちょっとなだらかになりました。

原寸  

5.ジャギを消す  

 線がまだ、ジャギジャギがたがたとばっちいので、薄い色でごまかしちゃいましょう。気にならない人は、やんなくてもいいよ。
 わたしは、線に使った色(この場合は黒)の薄い色を作って使います。
 ジャギ消し用にレイヤーを作って、透明度を30〜40%、さらに「乗算」にしとくと作業がラク。スポイトで線の色を拾って、そのままレイヤーに描けばOK。

原寸  

6.ジャギ上級テク  

 ジャギ消し用の薄い色は、濃淡2色使うとカンペキです。が、面倒なんで、ここまでしないでもよいです。原寸だと、ほとんど違いがわかんないしね。

原寸  


ではアイコン制作編!!

0.見本  
 「アイコン屋」にある、「バザール娘」で説明します。

1.元絵出動  

 元絵はこんなん。ジャギもまだ消してません。
 「だーかーらー、コレが描けなくて困っとるんじゃあ!!」とおっしゃる向きには、下の元絵、もーもーご自由に使ってくれていいんで、どしどし描いちゃってみてください。

←FREE!!

2.元絵展開  
 顔とお洋服の線を描きます。

3.色塗り  
 今はまだ髪の毛のことは考えず、ちゃちゃっと色を流し込んでいきます。

4.髪の毛  
 髪の毛を塗ります。顔との境界を茶色の鉛筆で描き、頭にバケツで同じ色を流し込んだら、ソコんとこを選択して、あとはエアブラシ。黒と明るめの茶色をぷっぷっと吹いただけです。
 その後に前髪を描き、生え際のジャギを消します。.......これはジャギって言わないか。ぽやぽやしてた方がかわいいかと思ったので、ぼかしたわけです。
 眉毛は、クロだと濃ゆいので茶色にし、ついでに眉尻も下げました。

5.細っけえとこ  
 「もみあげ毛」と「おさげ」を描き足します。
 顔を選択して、ほっぺのピンクをエアブラシで。耳にもちょこっと色さすとかわいいぞ。

6.ジャギ消し  
 先程の要領でレイヤーを作り、ジャギを消します。
 ここでは線の外側のジャギは放っておきます。どんなデスクトップパターンの上で使われるかわかんないので。白っぽい色ならいいけど、濃い色の上で使われると、「ジャギ消し」の色が外側にてんてんと残って、すごくみっともないの。CDロム「バザール」のアイコンでやっちゃったの、わし。
 もちろん、自分専用に描いてるのなら、パターンに合う色を背景に敷いて、ジャギ消ししてもよろし。

7.できあがり  
 背景になる部分に、「絶対使ってない色」を流します。こりは、ブラウザ上で透明に表示される色を設定するためなので、ご家庭のデスクトップ上では必要ない作業ですが。色モードをインデックスカラー(256色)に換えて、GIFで保存します。
 この後、「Pagemill」でちょちょっと加工して、みなさまのお手元に届くという段取りです。

7.そういえば  

 Windowsだと、システムカラーでしかアイコンが表示されない場合ってのがあったんだよな。試みにWIN色で塗ってみました。

原寸  

こりが使える色。
ダウンロードして、スポイトでちゅって吸って使ってね。
  画像提供:うにぁきち君ありがとう〜


美術館ロビーギャラリーゆずギャラリー娘工房1工房2工房3工房4