00.6.9

グッズ

市販されている、もしくは読者プレゼントなどで入手することの
可能だった(現在は〆切っちゃってます)グッズを展示しています。



  
テレカ(5.4cm×8.6cm)
 左から、まんがくらぶ読者プレゼント/コミックビーム読者プレゼント(新バージョン)
 /コミックビーム読者プレゼント(旧バージョン)

 
テレカ(5.4cm×8.6cm)
左から、下記のカレンダー発売のついでに新声社が作ってくれたもの/ムー読者プレゼント

*「アクアリウムテレカ」「ゆずテレカ」(2タイプ)お持ちの方は、画像提供してくらさあい。

ゆずとおともだち’99カレンダー
 98年 新声社

シルバー二つ折り額縁に入った、卓上カレンダー。額の中は角形のと楕円形の2種類。イラスト、カレンダー各6枚入りで、月毎に入れ替えて使うようになってます。イラストは、ゆずとおともだちの「うまに」「いため」(どんぐりがくえん1ねんんぐみ、というウラ設定あり)の3人が、あちゃこちゃにぼうけんに行く、というショートストーリーになってます。

ゆずCDケース(13.5cm×14.5cm)
 97年 アスキー・夏のコミックスフェア読者プレゼント

アスキーのコミックスを買って、どっか切り取って送るともらえるCDケース。ガワの素材や色、印刷のインクの色も選ばせてもらいました。いつものようにゆずの体にトーンを貼ると、製版する際にヘンなモアレもようが出ちゃうらしいんで、製版所でアミをかけてもらいました。で、そーなるとアゴの白いとこを自分で削れないんで、実はこれは苦肉の策のポーズなのだ。

どんぐりくんぬいぐるみ(高さ約11cm)
 96年 バンダイ

左から、のり・ゆず・みそ。三面図を描いて、デザイナーさんに渡してからが長かった......。素材選び、めんたまの大きさ、何度バイク便がバンダイと竹書房とウチの間を行き交ったことか。
一時は、試作品が全部手元にあったんで、観葉植物の枝に鈴なりにしといたものだが。でも、みんなの苦労の甲斐あって、かわいくできた、と思います。下はいろんな角度から見たとこ。

おせなか。もようもあるよ。

ちり。みそは女子なので
ぽろぽろがついてません。

 

ゆずは、上の他に2パターンのポーズがあります。
左はおすわり、右はねんね。

どんぐりくんぬいぐるみ タグ表紙(5.8cm×8cm)
 96年 バンダイ

ぬいぐるみについてます。
ブック形式(厚紙1枚を折り畳んだだけだけど)で、下はこのタグを開いたところ。

どんぐりがくえんのおうたは、他にも校歌・給食・遠足といろいろあります。
今後の「どんぐりくん」の中で出てくるかも。

ゆずミニぬいぐるみ(高さ約cm)
 96年 パイオニア SFC「ごきんじょ冒険隊」プレゼント

スーファミの箱の中のハガキを送るともらえた。雑誌のプレゼント用としても、あちこちの出版社にバラまいたらしいんですが、某書店の編集(大学ん時の同級生)から電話がかかってきて、「おう!ゆず見た
よ!!.............小せえじゃん」と言われました。そうなの。小さいの。でも、にくきゅーまでついてたりして凝ってるのだ。

どんぐりくんパズル(9cm×7.5cm)
 96年 竹書房「にゃお」全員プレゼント

右下の黒いパーツをどかして、絵のタイルをぐぢゃぐぢゃにしてから元へ戻すという、なつかしいタイプのパズル。他に、青・緑の3色。絵の配置にちょいとくふうしたので、やってる内に「ゆずとにらとのりのキメラ」なんかができちゃうところがミソ。
というほどのことでもない。

ゆずとままマグカップ(直径9cm×8.5cm)
 96年  竹書房「にゃお」プレゼント

「読者ちゃんプレゼント用にグッズを作りたいんだけど、なんか絵はないですかあ?」と編集部に言われて、でもその時なんにもなくて、提供したのがこの絵。というか版画です。この版画は、「ゆずとまま」のサイン会にわざわざ来てくださった方へのおみやげ用に作ったもの。なんか、「よき日の記念に」、わしらのしみつとして取っときたかった気もする。ケチかなあ、わし。

どんぐりくんおべんとばこ(7.5cm×
12.8cm×8cm)
 96年 竹書房「にゃお」プレゼント

2段になったタッパー。でかいさんまを持っているゆずたちの絵がプリントされてます。ちりめんざんしょとこんぶのつくだに入り。いや今ウチの冷蔵庫の中では、のはなしだが。

どんぐりくんすいとう(直径8cm×14.5cm)
 96年 竹書房「にゃお」プレゼント

こすもすかなんかにお水をやってるゆずの絵が描いてあります。
上のおべんとばことセットで持てば、あなたのピクニックはバッチリね!

どんぐりくん’97カレンダー(38.5cm×25.5cm)
 96年  竹書房

中のイラストは6枚。「にゃお」で描いてたポストカード用のイラスト5枚と、あと1枚は描き下ろし。たいへん満足な出来だと思います。また、デザイナーさんが、ムスメ心をくすぐる、い〜い仕事してんだこれが。

ゆずとままガレージキット(まま高さ7.5cm、極ミニゆず
 高さ1.6!cm)
 97年 EDGEほか

ワンフェス(だっけ?)で売ってるらしいです。「ほほお〜、今の世の中、なんでもアリやねえ」というのが、コレ見た時のわたしの感想。すんごくよくできてます。写真が宙に浮いて見えるのは、スキャナでとったから。なにしろちっこくて、カメラだとピンが来やしねえ。

ゆずとままガレージキット(袋約11.5cm×8.5cm)
 97年 EDGEほか

上のキットは、このようなかたちで売られてます。袋についてる名前は、右上から「アンテナねこ」「ゆんたん」「まま&ゆず」「にやり」「パラボラねこ」。以上は、ワンフェスで元さんが「知ってる〜?」と買ってきてくれました。完成品の方は、ちゃんと秋田書店に送られてきたのよ。左下もこないだ送られてきたばかりで、「バザール」に描いた「しゃんしゃんしゃん」だ。ひ〜。

ゆず&ままフエルトマスコット(まま高さ11cm)
 97年

同じくワンフェスもん、こんなフエルトのもあります。キーホルダーと、あと顔面だけの方はバッヂ。1個1個にちゃんと「須藤真澄/秋田書店」というタグがついててとてもえらい。な〜んか細かい針目とか見ると、おねいちゃんはなあ。いじらしいぞ。それにしても、するかあ?「ままバッヂ」。

ブックカバー・部分(?cm)
 ?年

昔、マガジンハウスのデザイナーさんに、「なんか絵、ない〜?」と言われて渡したのがコレ。山下書店のカバーになっておったのか。見たことないや。もとは友人の劇団のチラシ用に描いたもの。
画像をクリックすると、大きいサイズの絵が見られます。(80KB)画像提供/けんいちろうくんありがとう

他にも、エプロンとかもーちっとあったはずなんですが、今手元にないや。
おいおい探して、展示するつもりです。(持ってる方、画像送って〜)



博物館ロビーまんがみち単行本リスト未収録リストグッズ映画化作品
100の質問200の質問画伯たちのギャラリ〜