まんがみち


DROWSE 〜まどろみ〜 の章

中学校まで

 わたしのと〜ちゃんは絵が上手かったようだ。卒業アルバムに、古くちゃい
タッチの「クラスメイツの似顔絵」なんかが描いてあるのを見せられた限りでは。
細かいお細工ごとも好きで、頼まれもしないのに、家で会社の「トイレ・使用中」
みたいなプレートをよく作ってた。新しもん好きで、画材や文房具はいっぱい
くれたけど、いっしょにお絵描きしてくれたのはままの方だった。
 今となってはなに描いてたんだかまったく覚えてないが、幼稚園にあがる頃には、
「おしめさま」のエキスパートとして、おともだちのノートに毎日絵を描いて
さしあげていたキオクはある。おともだちの描いた「おしめさま」の、腕の
デッサンが狂ってるのを、プロとして許せなかったキオクもある。すっげえな。
今より絵 上手かったんじゃないかちら。
 ノートにコマを割って、鉛筆で「おはなしのあるまんが」を描きはじめたのは、
小学校の3〜4年生の頃だったと思う。最初は、自分の出てくるギャグまんがだった。
現在の「おさんぽ大王」などの芸風に近い。その後、毎月読んでた「りぼん」の
おとめちっくラブコメ路線のあおりをくらい、以下都合により略。
封印
 特に将来まんが家になりたいとは考えておらず、なんとな〜く喫茶店をやりたいと
思ってた。コーヒーがとても好きだったので。コドモのくせに。


 GOOD COMPANY 〜なかまたち〜 の章

高校

 高校に入って、同じクラスになったムスメで、やっぱりまんがの好きな奴がいた。
彼女には、やっぱりまんがな大学生のおねえさんがいたので、オトナっぽい事情にも
詳しかった。オトナでまんがの好きな人は、同人誌というものを作るものだという
(80年代初頭はそうだった)。誘われて、おねえさんのクラスメイツ2人と、コドモ
2人の計5人でサークルを作ることになった。名前は「ブラン・バル」。ヒンドゥー
語で、「満月」の意味。おねえさんがつけた。やっぱしオトナだなと思った。
 コミケに出るというので、初めてペンを使って「告知」という作品を描いた
(『電気ブラン』収録。のちにリサイズのため描き直した)。ペンが上手く使えず、
よぢよぢした妙な線になってしまったが、意外と味わい深く思えたので、それを
マイタッチと強引に決める(この頃のは、現在のー・ー・のタッチとは違う。
工作用のナミナミしたモールのような、〜〜〜こんなかんじの線。『電気ブラン』
収録の、『スウィング』という作品にちょっと残ってる)。
 その後、「ブラン・バル」をもう1号、イラスト集「ブラン・ブーラット」
(新月の意)を出す。
 また、2年生の時、お茶の水美術学院の夏期講習(油彩科)で、木村千歌と知り合う。


 TEO TORIATTE 〜てをとりあって〜 の章

大学前半

 大学に入ってすぐくらいの頃、コミケで「ブラン・バル」をぼ〜っと売ってた
ところ、「ペン・タッチ」というサークルからお誘いを受ける。面子が多く、作品も
ギャグにシリアスにSFにえっちにファンタジーにと、バラエティー豊かでおもしろ
かったので、そっちの子になることにする。ちなみに面子には、御茶漬海苔氏、
高屋良樹氏、西村まさのり氏、みやもと留美氏などがいた。思えばゴーカな青春。
 「ペン・タッチ」で何回か、また、ペン・タッチ別冊「風来草(ふうらいそう)」、
個人誌「水族館」などに作品を描く。
 面子の中に、マガジンハウスのデザイナーさんがいたので、紹介してもらって
「平凡パンチ」でちょこちょこイラストを描き始める。
 木村千歌は、「ぷりん定食」というサークルをきりもりしていたが、「中島みゆきの
歌をモチーフに作品を描き、『みゆきぷりん』という本を出そう」と言いだしたので、
わたしも「月の赤ん坊」という歌で作品を描く(『子午線を歩く人』収録『〜MOONY
〜月の赤ん坊』。たしかここらへんで、木村千歌の知り合いだった、朝日ソノラマの
編集さんに、セットで青田買いされる。デビューはデュオ別冊「すとろベリィ」と
いう雑誌に、2人並んで。わたしは「わたくしどものナイーヴ」というまんがでござい
ました未収録。
封印。あ、その原稿渡した後に、「本誌のページが足りないんで
2ページ描いて」と注文を受けて、そっちの方が先に発売されちゃったんだった。
「タコよ!」未収録。
封印。キムチカも律儀に2ページ描いてたなあ、並んで。


 FIGHT FROM THE INSIDE 〜ひめたるほのお〜 の章

大学後半

 デビューした朝日ソノラマからの紹介で、「朝日中学生ウィークリー」に初の週刊連載、
「まりりんリボン」を始める。また、マガジンハウスでの名もなきイラスト描きも平行
して続ける。学校の帰りに寄り、画材を持ち込んで現地で描きあげて、夜タクシー券を
出してもらって帰る生活が結構嬉しかった。
 「少年少女SF大全集」という雑誌が好きだったので、東京三世社に初の持ち込み。
初単行本「電気ブラン」を出してもらう。
 3年の時、教育実習に行く。3週間、高校生に美術を教え、おのれが教師に全く
向いていないことを知る。それまで考えていた、「先生しながらまんが描いてこーか
なー」というプランの変更を余技なくされる。
 4年になり、ぼちぼち卒業制作にもとりかかる。F100号、路地裏に魚が飛び交い、
それを女の子が覗いてる絵。
 相変わらずまんが、イラストを描きながら、なんとなくバイトも始めてしまう。
マガジンハウス近くのデザイン事務所。ここで、雑誌のレイアウトや写植貼りなどの、
基礎から基礎までを教わる。


 SPREAD YOUR WINGS 〜つばさをひろげて〜 の章

就職・辞職

 手芸書を専門に出している出版社に入社。毎日毎日ししゅうの図案のトレースに
明け暮れる。出版物柄か、ほとんどが女性の編集部で、お昼休みには大きいテーブルで
みんなでおべんとを広げたりして、女子高のようで楽しかった。
 が、昼会社へ行って夜まんが描いてたら、なんかとても眠くなったので、半年で退社。
睡眠は思う存分とれるようになったが、今度は生活が一気にのしかかってきたため、
いっしょうけんめいあちこちでまんがを描き始める。


 BREAK THRU 〜すすめそのみちを〜 の章

そしてまんがみち

 ブレイクする〜、は、しかしながら遠い。なぜじゃろう。


章タイトルは、「QUEEN」の曲名を使用させていただきました。


博物館ロビーまんがみち単行本リスト未収録リストグッズ映画化作品
100の質問200の質問画伯たちのギャラリ〜